FC2ブログ

フルコンタクトカラテスクール主催 2011 秋季ジュニア大会

2011/10/31 Mon

待ちに待ったこの日が来ました。

修行の成果を試す日、そう試合です!

毎月のように大会参加しているので、恒例になってしまってますが、「決戦」です。

今回の大会はフルコンタクトカラテスクール主催の2011 秋季ジュニア大会!

11団体 256名の参加です。

お気付きの方もいると思いますが、神楽が光誠会入門1ヶ月で奇跡の初参加初優勝を決めた大会です。

神楽も入門して早5ヶ月が過ぎました。

そういった意味では7月の夏季ジュニア大会より、どの程度成長したのか見ものです。


朝は7時の起床でロードワークに行きました。

111030_072526_convert_20111031155046.jpg

この日の朝はかなり寒かったので、寝ている体の組織をロードワークでたたき起します。

家を8時半に出発して9時に大和スポーツセンターに到着です。

いつになく順調なすべりだし。

我が家も大会参加4回目にして経験を積んだ結果でしょうか。慣れでしょうか。

実はこの時、パパはとんでもない失敗をしていました。この時は気が付きませんでしたが・・・。




到着後さっそく練習します。

111030_091423_convert_20111031155024.jpg

柔軟をしっかりして体をほぐした後はミットで最終調整です。




今回の秋季ジュニア大会は3部構成で、

10時・・・年長~小2

12時・・・小3~小4と中学女子

15時・・・小5~中学男子

となってます。

光誠会からは、

幼児年長 セイショウ君・ショウタロウ君

小1 神楽

小2 イクヤ君

小3 セイヤ君・ナツキ君

小4 タクト君・カエデ君

小5 サトミちゃん・ユウリちゃん 

の10人が参加です!




いよいよ10時が近づいてきたので道着を着ます。

・・・?

あれ? 帯がな~い!!!

しまった(汗) 家に帯を忘れた!

やってしまいました・・・、パパの大大大失敗です。

ここから家まで30分、往復1時間、行くしかありません。

幸い、セイショウ君が同じオレンジ帯なので1回戦は借りることになりました。

このおかげで、神楽のテンションは下がりまくり。

後から聞いた話ですが、しきりに「パパはまだぁ?」と半べそで聞くばかり。

本っ当に申し訳ない。




で、そんな状態での1回戦

今回は、主催のks(カラテスクール)の佐野先生より直々に上級クラスに入るように言われました。

前回の夏季ジュニア大会の小1初級の部で優勝したためです。

トーナメント発表後、パパは必死に対戦選手の事を調べたら、

ななんと! みなさん入賞経験者ばかりじゃないですか!

これはちょっと期待ができないかな・・・。

いえ、そんなことありません! 努力は必ず報われます!




思えば・・・、

月曜日は鈴木道場さんへ出稽古(鈴木先生、田中先生、関係各位の皆様ありがとうございます!)

火・木・金・土は道場へ。

そして、いのこり特連。

111020_183035.jpg

家での筋トレ・スパー。 本当に本当に頑張りました!。

そう、その努力の成果をだすのだ~!


話が長くなりましたが、本題にはいります。



【1回戦】

テンションは下がり気味ですが、試合になれば否応なしに気合が入ります。

相手は青帯で、身長も神楽と同じぐらい。

そして開始の合図。

開始と同時に下段回し蹴りから入り、膝蹴りで相手にプレッシャーをかけます。

相手が引いたところに左右の中段突きで追い討ちします。

中段突きがいい所に入ったのか、相手が痛がりました。


そして相手選手の戦意喪失により見事勝利!


実はこの時、神楽は「やべ~、顔面に入ったかな」と注意されると思ってたそうです。

入った技は「鎖骨打ち」と言って意外と効く技ですが、ちょっとでもブレると顔面に入ってしまい、

「顔面殴打注意」を取られてしまいます。この技はけっこう家では練習するのですが(意外と試合では有効の為)

前回までの試合では、かなりの割合で注意を受けてしまったので、今回の試合用には中段打ちを沢山練習してきました。

なので神楽は焦ったみたいですね。

しかし、左右の中段回し蹴りから中段膝蹴り、鎖骨打ち、中段突きのコンビは練習の成果がしっかり出ています。

見事でした!



【2回戦】

ここでパパが到着し帯は借りずにすみます。(セイショウママありがとう!)

帯も到着し1回戦勝ったことで、ようやっと神楽のテンションもあがってきました!

相手は、またもや青帯。 体格は神楽より少し小さいかんじ。



開始と同時に左右のローキックからパンチで押す神楽。

スピードは相手のほうが速い。しかし神楽は体重を乗せてお構い無しにロー&ラッシュ。

またもやインローから中段の膝がいい感じで入った!

相手の動きが止まったところに力の入った中段突きがみぞおちに入り、「技あり!」

1回戦に続き練習どおりの形がでた。 こうなれば神楽のペースだ。



試合再開後、神楽は落ち着いて相手の動きを見ながら中段回し蹴りを決めて「技あり!」



見事技あり2回の1本で勝利!



1回戦と違うところは、左右の下段回し蹴りと内股蹴りで相手の動きを止めてからの中段突きです。

しっかりと相手の動きを見て下段・インローの連打は見事でした!


家ではパパとスパーをしますが、しっかりと体重が乗ると、

下段・インローはパパでも足にあざが出来る程です。

なかなか試合では練習時の体重の乗ったインローは出ませんが、

それでもイイ感じで蹴れるようになってきました。

そして久しぶりの2回戦突破です!



【3回戦 準決勝】

ここまで来ると狙うは優勝の2文字!

相手は赤帯ですが神楽より少し大きい。



さすがに準決勝だけあって出だしからラッシュで攻める相手。

しかし今日の神楽は止まりません。

2回戦同様、左右のロー・インローで相手の足を封じ、中段突きで押し返します。


ところが相手もラッシュで神楽にプレッシャーをかけます。

引き気味の神楽は間を取りながらロー・インローの連打で応戦。

いい角度でインローが入り相手がふらつきます。

そして判定。


判定までもつれましたが、見事!オール白旗で勝利です!

2回戦での良い形のロー・インローが3回戦でもでました!



【4回戦 決勝戦】

さぁ、いよいよ決勝です。

相手はなんと女子!

このチャンピオンクラスを勝ちあがってきたのは鈴木道場渡辺美月ちゃんです!

強いはずです・・・、8月のJKJO埼玉選抜小1女子の部で見事優勝し全日本代表選手です。

しかも! 鈴木道場に出稽古の時に神楽は美月ちゃんにアメを良くもらうそうです(笑)


さぁ試合開始です!

序盤から両者ラッシュでどちらも引きません!

明らかに体重も身長も相手のほうが小さいのに、神楽が押されます。

さすが埼玉チャンピオン。

両者決め手が無いまま判定です。

正直パパは負けたかな?って思いました。

最後はラッシュのスピードも落ちて体力の限界でした。

しかし判定は引き分け。


そして延長。


ここまできたら最後は気力です。


両者一歩も引きませんが、徐々に体格の差か体重の差か、神楽が押し始めました。

そこで延長の1分が終わりました。


判定は・・・白!


なんと神楽が勝利!です。


今回も課題は沢山残りましたが、今日だけは褒めてあげようと思います!

神楽、おめでとう~!!

そして大会結果です。

年長初級A セイショウ 第3位入賞

年長初級B ショウタロウ 第3位入賞

小学1年  神楽 優勝!

小学3年初級重量 セイヤ 優勝!

高学年女子初級軽量 サトミ 優勝!

高学年女子初級軽量 ユウリ 準優勝!

入賞者の皆さんおめでとう~!

入賞出来なかった子も次は頑張れ!

111030_114858_convert_20111031154757.jpg

111030_114120_convert_20111031154827.jpg

111030_113843_convert_20111031154912.jpg

来月11月27日に極真会館坂本道場主催の第7回神奈川県空手道選手権大会があります。

「勝って奢らず、負けて腐らず」の精神で次も頑張ります!


コメント

Secret

神楽の部屋 入室数
神楽のランキング
ランキング参加しました!

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ
カテゴリ
プロフィール

神楽パパ

Author:神楽パパ
神楽の部屋へようこそ!

神楽と家族の成長日記です。

名前 神楽(かぐら)

神奈川県在住

平成16年生まれ

小学4年生

血液型 A型

★★★★★★★

2011年6月
空手道「光誠会」入門

2011年7月
10級に昇進

2011年12月
9級に昇進

2012年4月
8級に昇進

2012年9月
7級に昇進

2013年7月
6級に昇進

2014年4月
5級に昇進

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クリックしてみて
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる