FC2ブログ

第107回清武会トーナメント!

2013/04/02 Tue

3月31日

極真空手清武会主催の「第107回清武会トーナメント」に参加しました!

s_IMG_2309.jpg


年度末と言う事で2年生の部での最後の大会になります。
前回行われた「第106回清武会トーナメント」(←過去記事です)では優勝させて頂いたので今回は連覇のかかった大会になります。

場所は平塚アリーナ。

s_IMG_2310.jpg

我が家からは1時間ちょっとで到着できる会場です。
ただし駐車場台数が少ない。
でも臨時駐車場が歩いて5分程の場所にあるので安心です(^^)

開会式は11時半からなので家をゆっくり出ても間に合います。

s_IMG_2308.jpg

公表はありませんが、おそらく300人ぐらいの参加です。

2年生の部は34名が出場します。

神楽はシードを頂いたので2回戦からでした。

流石に前回優勝と言う事もあって厳しい所からのエントリー。

と言うのも清武会トーナメントは女子が1学年下にエントリー出来るからです。
必然的に女子と当たる時は1学年上と言う事になります。

それでは2回戦(初戦)です。

s_uvs130401-001.jpg
(白が神楽)

身長差は頭1個分ほど(^^ゞ

さぁ神楽はどう戦うのか(*^_^*)

「始め!」の合図で間合いを詰める神楽。

なんと開始早々の相手選手の上段回し蹴り!

s_uvs130401-002.jpg

瞬間ガードを入れるが・・・、

主審「とりません!」

あぶない、あぶない(+_+)

清武会の特徴は浅い上段などは取りません。その分しっかり打たないと技ありはおろか有効すら入りません。
でもこの上段は他の大会なら技ありを取られていてもおかしくない上段でした(^^ゞ

うかつに間合いを詰めた神楽のミスです。。。

早々の事で一瞬気が動転する神楽、しかしすぐさまパンチ・ローでリズムを作る。

s_uvs130401-003.jpg

しかしまだ危ない間合いなので「もっと中!」とアドバイスし間合いを注意します。

s_uvs130401-004.jpg

間合いを意識して落ち着いて捌けばそうそう上段をもらう事はありませんが、

s_uvs130401-005.jpg

しかし、この身長差は(^^ゞ

でも負けずに真っ向からの打ち合い。

ウエイトのあるパンチとほとんどミドルのロー。
そのミドルに合わせたインロー!

s_uvs130401-006.jpg

旗が揚がり「有効」でした。空手を初めて1年10ヶ月、インローで初めての「有効」(^O^)/

そして残り10秒必死のラッシュ!

s_uvs130401-007.jpg

なんとか3-0で辛勝。
それにしても開始早々の上段を取られていたら危なかったです(^^ゞ


3回戦

またも女子。

s_uvs130401-008.jpg
(白が神楽)

またしても身長差が(^^ゞ

しかもこの選手は上段横蹴りの使い手。
たまに男子でも見ますが女子で多いタイプです。

試合中ずっとケンケンで横蹴りで上段を狙ってきます(^^ゞ
神楽はこの手のタイプ苦手ですね・・・。

s_uvs130401-009.jpg

対策としたらとにかく間合いを詰めて打たせない事でしょうか。

開始早々ケンケンで飛び込んでくる相手選手に、

s_uvs130402-001.jpg

横蹴りが飛んでくる瞬間に合わせてカウンター気味に蹴りを合わせる!

この横蹴りは足を上げたまま2段、3段攻撃があるので次の攻撃が来る前にサイドへ周り間合いを詰めます!

s_uvs130402-002.jpg

しかしこのケンケンの凄い所はまるで追尾型ミサイルのようにケンケンしたまま追いかけてくるところ。

少しでも間合いを開けると上段横蹴りが飛んできます!

とにかくガードを下げない、そして間合いを詰めて軸足にローを叩きこむしかない!

s_uvs130402-003.jpg

体重の乗った軸足に攻撃をしガードを下げずショートレンジでパンチ・膝のラッシュを徹底する神楽。

残り30秒を切った時には「詰めろ詰めろ!」と神楽陣営に対して「あけろあけろ!」と相手陣営(^^)

結果は2-0で終始このスタイルを徹底した神楽の勝利でした、が少し決定打に欠けていました(^^ゞ

相手の足が上がりきる前に間合いを詰めての攻撃は良かったのですが詰めた後の攻撃が雑でしたね。


次は準々決勝(4回戦)

またしても女子(^^ゞ

でも今回の相手選手との身長差はほとんどありません。
また戦い方もオーソドックスなので神楽にとっては戦いやすい相手選手です!

s_uvs130402-004.jpg

神楽もそれを感じたのか初撃は「始め!」の合図で思いっきり飛び込む!

s_uvs130402-005.jpg

序盤から中盤は神楽のペースでパンチの打ち分けがしっかり出来ていました。

また戦いやすさからかこんな技も(^^ゞ

s_uvs130402-006.jpg

飛び後ろ回し蹴り、まぁ後ろ回し蹴りが勢い余って飛んじゃったレベルですが(^^ゞ

でも試合中に色々な技を出す事は良い事だと思います!

終始神楽のペースで試合が進み、残り30秒を切ったころに、

s_uvs130402-008.jpg

連続でローの良いのが入り「有効」

再開後残り10秒でまたも、

s_uvs130402-009.jpg

ローが良い角度で入り「技あり」そしてここで試合終了でした(^^)

この試合は神楽の間合いで終始ペースを取れた事が一番良かったと思います。この間合いをしっかり体で覚えてもらいたいですね。


準決勝(5回戦)

相手選手は前回の「第106回清武会トーナメント」の3回戦で戦った選手です。

フットワークがとても良い選手です。前回は延長の末かろうじて勝たせて頂きましたが、はたして今回は。

s_uvs130402-010.jpg

「始め!」の合図でフットワークを使ってくると思ったら中に入ってきてパワーゲームに持ち込む相手選手。
以前のような感じではなく真っ向からの打ち合い。

s_uvs130402-011.jpg

真っ向からの打ち合いは神楽も臨むところ。

序盤から中盤はパンチ・膝・ローとリズムよく攻撃し前に前に出る神楽。

しかし明らかに神楽よりウエイトの軽い相手選手ですが1歩も引きません。

拮抗を破ったのは残り30秒で出た神楽の左ボディブローの3連発!

s_uvs130402-012.jpg

たまらず下がる相手選手。ここを勝負どころと見た神楽が一気にラッシュします!

相手の攻撃を一切無視した荒々しいラッシュで前に出る!

s_uvs130402-013.jpg

ここで試合終了。

判定は、なんと、神楽が負け?

コート周りではどよめきと歓声が入り乱れる。

パパは思わず笑ってしまいました。と言うのもココはアウェイ。相手選手は主催道場。
パパから贔屓目に見て神楽に分があるならば客観的に見て互角。

アウェイなら互角は負けに等しいんです(^^ゞ
そんな初歩的な事も忘れていたので、思わず笑ってしまったのです。

でもどんな言い訳をしても確実な勝ちを取りに行かなかった神楽のミス。
むしろ体格で劣っているのに1歩も引かずに真っ向から勝負をしてきた相手選手に称賛でしょう!

そして終了後に双方挨拶をした後、相手のお父さんに「今日は神楽君に勝つためだけに特訓してきました!」

・・・脱帽です。完敗ですね(^^ゞ

前回優勝させて頂いた事で挑戦者という心構えを忘れ連覇などとはおこがましい。
緊張感に欠けていました。

終了後多くの方に「内容は良かったよ」とか「神楽が勝ってたよ」など慰めて頂きましたが、いやいや、既に判定の前に勝負はついていたんです。
試合に臨む気持ちで負けていました。

結果この選手がこの勢いのまま優勝しました!


でもまだ試合は残ってます。
気を取り直して3位決定戦です!

相手選手はなんと無級の選手!

s_uvs130402-014.jpg

体格こそ良いものの、ここまで白帯の選手が残る奇跡。
いやいや、油断は禁物です(^^ゞ

ここまで勝ち上がってきた事が事実。
帯を締め直して、いざ勝負!

オープニングはお互い1歩も引かず真っ向からの打ち合い。

しかし「本当に白帯か?」と思うほど動きの良い相手選手。
基本どおりパンチ・ロー・膝をリズムよく打ってくる。

神楽も負けじと前のめりで来る相手選手に、少しずつ体をずらしながら打ち負けしないようにパンチ・ローで攻める。

s_uvs130402-015.jpg

中盤までは互角の打ち合い。

中盤から終盤にかけて少しずつ差が出る。

s_uvs130402-016.jpg

ショートレンジからの体の使い方は神楽の方が1枚上手。
結果手数も神楽が上回る。

残り30秒でのラッシュの打ち合いは、

s_uvs130402-017.jpg

回転力、パワーなど神楽が打ち勝っていた。

結果3-0で勝利しました。

しかし相手選手は白帯なのにあれだけ動けるのは凄い。
パンチも上下に打ち分けられているし、ショートレンジでは膝の使い方やインローの打ち方が様になってます。
神楽が無級の時はあれほど動けなかった(^^ゞ

先週のジャパンカップでも思った事ですが、帯色に関係無くどの選手も強い。
これから学年が上がれば益々強い選手が出てくるんだろうなぁ(^^ゞ

そう言った意味では今回負けて良かったです。
勝った時より負けた時の方が得る物が大きい。

なにより今大会で5試合させて頂きましたが対戦選手を全員泣かした事。
(スミマセン、負け惜しみですので(^^ゞ)

格闘技や空手において“強さ”とは重要なファクターです。
もちろん「悔し泣き」や「うれし泣き」もありますが、
泣かしたという事実( ̄- ̄)
(何度も言いますが、負け惜しみです(^^ゞ スミマセン…)

色々勉強になった今大会でした(^^)

清武会トーナメントの結果

s_IMG_2322.jpg
入賞者全体写真

s_IMG_2324.jpg
光誠会

今大会でショウタロウ君が清武会トーナメント1年生の部で嬉しい初入賞!
おめでとうございます!

今大会では本当に勉強になりました。
試合に臨む姿勢、気持ちなど。

先週のジャパンカップあとには「楽しい空手」と「厳しい空手」、武道を習う、続けるうえでの取り組み方やスタンス、考え方みたいな事で悩んだりもしましたが、結局はそれらは神楽本人が考える事。
家族はサポーターでしかありません。

やっぱり家では「空手は楽しいコミュニケーションツールの一つ」です(^^ゞ

勝ったり負けたり、泣いたり喜んだり。
全部ひっくるめて“楽しい空手”です!

空手を通じて沢山の同志や仲間、友が出来ました!

我が家ではこのスタンスで応援していこうと思います!

またこのブログを見て下さる皆様にはこれからも温かい応援宜しくお願いしますm(__)m

最後になりましたが清武会の皆様、大会スタッフの皆様、各道場関係の皆様、保護者の皆様、大変お疲れさまでした!有難う御座いましたm(__)m
また是非勉強させて下さい、宜しくお願いします。

次は今週末の4月7日に新極真会主催の「第18回全関東大会」があります!
3週連続になってしまいますが気合を入れて頑張ります!

人気ブログランキングへ

コメント

Secret

お疲れ様でした

はじめまして こんにちは

いつも読まして頂いています。
半年位前からみてます。

ほとんど空手のことを知らなかった私でしたが
このブログで大変勉強になりました。
ありがとうございます。

JKJO選抜 清武会など
の心構えや、どのような大会かをかってながらこのブログを読んで研究させて頂きました。私にとっては大変良い教科書です。

JKJO選抜フルコンタクトカラテ2012では私は2年男子の誘導係をやりましてそのときから上君のことを勝手ながらこのブログで知っていました。そのときに試合の案内すると上君、お父さんがただの誘導係の私に (よろしくお願いします)と、礼儀正しく言われたのを記憶しています。他の選手は挨拶などしてなかったので物凄く印象があります。

カラテスクールなどいろいろなところでお見かけはしておりましたがなかなか挨拶までできず

こんど見かけたときは挨拶させていただきたいです。
よろしくおねがいします。

私のことを話させて少し話させていただきますと息子が2人
 新2年と新4年です。今回清武会 ショウタロウ君とベスト8をかけた試合相手のうるさいだけの馬鹿親父です。

上君とはカラテスクール秋季大会で兄が一度試合をしました。

今後は話だけでもできればいいなとおもいます。
突然すいませんでした。長文になり申し訳ありませんでした。




んん~・・・

他団体の大会とゆうのは、なかなか・・・
私も覚えがあるだけに、胸中お察しします。

埼玉の大会で息子の両腕をロックし、膝蹴りを蹴ってくる選手が一切の反則を取られず、それでも圧勝したと思ったのに延長に縺れ込み、反則を繰り返され・・・

思い出すと笑ってしまいますが(*^_^*)

いろんな団体が、いろんな思考で判定するのですから、時には理解に苦しむ判定があるのも必然。

言い訳せずに、出された結果を受け入れる所は立派だと思います。
次は・・・って所ですね!!

家の息子は、神楽君と対戦する以前の問題でしたから、出直します!!

最後に一言・・・「間違いなく優勝出来る実力はあった」と私は思います。



藤パパさんへ

はじめまして!
コメントありがとうございますm(__)m

こちらこそ宜しくお願いします!

凌君との試合は覚えています(^^ゞ
基本に忠実なパワフルな組手ですよね!

ジャパンカップ準優勝・JKJO全日本権利獲得・清武会2連覇おめでとうございます!
メキメキ頭角を現わしてきましたよね(^^)
弟も強くなるんだろうなぁ~
神楽と同じ学年で無くて良かったです(笑

大会スタッフもされているんですね!
ボランティアでのスタッフは大変ですよね(^^ゞ
ウチは参加するだけですので尊敬します!
ご苦労様ですm(__)m

是非是非こちらからもご挨拶させて下さい!
これからも宜しくお願いしますm(__)m

情熱犬陸さんへ

いつもコメントありがとうございます(^^)

一言で言うなら「実力不足」でした。
誰が見ても「勝ち」という明確な「勝ち」になれるよう努力あるのみですね(^^ゞ

今週末に新極真の大会に出ます。清武会より明確な「勝ち」が必要な大会なので結果は出にくいですが気合を入れて頑張ります!

次にお会いするのは坂本派の全国ジュニアですね。
お互いパワーアップ出来るように頑張りましょう!

お返事ありがとうございます

大会スタッフをしたのはあれが今のところ最初で最後なんです。

一応対価もいただきました。
コンビニの時給換算ですけどね
なのでそんななんですよ。

清武会は私も不思議なことがあって兄準決勝のとき贔屓目の親からですがあきらかに優勢で尚且つ相手に注意1があるにも関わらず、判定で相手方に旗が1つ上がりました。
この大会は判定時、主審判定が解らず、最後に言われるので
うちは、赤だったので 主審の判定の言い方が(赤1、白1、最後に主審で引き分け)とこんな感じでした。

これを試合のときアドレナリンがいっぱいで冷静に観ていられない状態のとき
主審の言葉がスローモーションのように聞こえすでに負けてしまったと思ってしまいました。
よく説明できませんが少しでも感じとっていただけたら幸いです。

Jkjo なら引き分けを先に言い、旗の少ないほう、旗の多いほうと解りやすいですけどね

なんでそうなのか理解に苦しむてんがありました。

だから完全なる勝ちが必要ですね。難しいですが

精進あるのみですね お互い頑張っていきましょう。

そう言えばジュニアカップ昨日みたらアップされてました。


お疲れさまでした。

こんばんは。色々な大会の会場で、よくお見かけしておりましたが、このたびは、勇気を出して(笑)お声かけさせていただきました。その節は、ありがとうございました。
今後も、お会いすることがあると思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

藤パパさんへ

こちらこそお返事ありがとうございます!

藤パパさんが言わんとする事すっごく良く分かります!

判定には従うしかありませんが「あれ?」って思う事ありますよね(^^ゞ
もちろん一切抗議なんてするつもりはありませんが・・・。

たしかに「主審同時上げ」なら良く分かるのですが、後上げだとドキドキしてしまって(+_+)

まだまだJKJOのように明確な基準で判定を行う大会は少ないみたいですね。

もっとも他競技のサッカーや野球でさえ審判の“クセ”はありますから、だからこそ子供たちには明確な「勝ち」にこだわってもらいたいですね(^^ゞ

本当に精進あるのみです。

papaさんへ

こちらこそ、お声かけ頂きありがとうございますm(__)m

なかなか大会中ってお互い声かけずらいですよね(^^ゞ
いつもバタバタしてしまって。

自分の子の試合に向けたアップや、同じ道場の子の応援など。

以前は光誠会の出場者は1人か2人ぐらいだったのが今年から増えそうで益々バタバタしそうです(^^ゞ
何回出場しても緊張とバタバタ感は治りそうもありません(笑

こちらこそ今後とも宜しくお願いしますm(__)m

ブロガー同志楽しくやっていきましょう(笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コルネットさんへ

はじめまして!

同じ空手を習う子を持つ親同士、よろしくお願いしますm(__)m

やはり皆どこの親御さんも同じ気持ちなんですね(^^ゞ

でもコルネットさんのおっしゃる通り、負けた時の方が得る物はとても大きいと思います。

試合に出るまでのプロセス、試合に臨む勇気、そして負けて悔しい思いをした後乗り越えていく精神力。

もちろん勝った時の達成感や幸福感。

肉体的にも精神的にもたくましく育ってます(*^_^*)

親もその事により一緒に成長し勉強できる事へ感謝です!

同じ想いのコルネットさんからのメッセージ、大変嬉しく感謝いたします。

是非是非またブログを読みに遊びに来て下さい!

コメントありがとうございましたm(__)m
神楽の部屋 入室数
神楽のランキング
ランキング参加しました!

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ
カテゴリ
プロフィール

神楽パパ

Author:神楽パパ
神楽の部屋へようこそ!

神楽と家族の成長日記です。

名前 神楽(かぐら)

神奈川県在住

平成16年生まれ

小学4年生

血液型 A型

★★★★★★★

2011年6月
空手道「光誠会」入門

2011年7月
10級に昇進

2011年12月
9級に昇進

2012年4月
8級に昇進

2012年9月
7級に昇進

2013年7月
6級に昇進

2014年4月
5級に昇進

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クリックしてみて
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる